亀頭ブツブツ除去の基本情報|治療の流れ

2022年5月30日 0 Comments

カウンセリングや治療の説明を受けてから施術に入るのが基本

亀頭にできるブツブツは、できた原因がどのようなものであっても気になったり、不快になったりするものです。
このブツブツの除去は、泌尿器科が設置されている病院や包茎治療を専門に行っているクリニックに行けば、医師に行ってもらうことができます。

亀頭ブツブツ除去治療の基本的な流れは、カウンセリングからはじまります。
電話かメールで医療機関に申し込むと、カウンセリングの希望日時を尋ねられるので、都合の良い時間帯を伝えて予約しましょう。
カウンセリング当日は、亀頭ブツブツ除去の治療内容の基本的な説明や治療が終わるまでにかかる料金、施術前後の注意事項の説明などがあります。
わからないことや悩んでいることがある場合は尋ねれば詳しく回答してくれるので、すべて解決させた上で亀頭ブツブツ除去の治療を受けるかどうかを決めましょう。
施術を受けることを決めたら、契約手続きを経て亀頭ブツブツ除去の治療が始まります。

契約完了後から術後までの基本的な流れ

亀頭ブツブツ除去の施術の所要時間は選択される術法によって異なりますが、短くても10分程度、長くかかっても30分程度で終了します。
陰茎に施す治療の中では所要時間は比較的短く、医療機関によってはカウンセリングを受けたその日に治療を受けることが可能です。
そのまま亀頭ブツブツ除去をしようとすると痛みがあるため、施術前には麻酔が施されます。

麻酔は1~2時間程度で効果がなくなり、その後は痛みが発生します。
医療機関からは痛み止めの薬が処方されるので、それを飲みながら痛みがおさまっていくのを待ちましょう。
術後数日はアフターケアの期間となり、この間に身体に何も異変が起きなければ通常の生活に戻ることができます。
万が一異変が起きた場合は、すぐに治療を受けた医療機関に問い合わせれば必要な処置をしてくれます。

なお、上記は亀頭ブツブツ除去のみを行う場合のもので、包皮除去などの他の治療もあわせて行う場合、抜糸が必要な術法を選ぶと、施術を受けた日から約2週間後に抜糸のために通院しなければなりません。
アフターケアの期間も長くなるので、陰茎やその周辺にトラブルが起きないように気をつけて過ごしましょう。

まとめ

亀頭ブツブツ除去の治療は、カウンセリングと治療内容の説明を受け、施術を受けることを決めたら契約手続きをして施術を受けるというのが基本的な流れです。
所要時間は10~30分程度と短く、医療機関によっては1度の通院でカウンセリングから施術までを済ませることができます。
術後数日はアフターケアの期間で、カウンセリングの際に説明された注意事項を守って過ごせば問題はありません。
万が一、陰茎やその周辺に異常が起こっても、その旨を医療機関に伝えれば対処してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。